こんな年でニキビで悩むなんて・・・

少し前までは、成人女性のニキビといえば、
20代~30代の女性がほとんどでした。
40代女性のニキビはごく少数でした。

ところが今や、40代女性のニキビは珍しくないですし、
50代女性でニキビに悩んでいる方も少なからずいます。
いわゆる更年期ニキビですね。

ですが、そもそも更年期ニキビの原因って何でしょう?
また、どうすれば更年期ニキビを治すことができる
のでしょうか? このサイトは、更年期ニキビに悩む女性を応援する情報サイト です。ぜひご活用下さい。


更年期ニキビって、なぜできるの?

それでは、更年期ニキビはなぜできるのでしょうか?
一言で言えば、「ホルモンバランスの乱れ」が原因
です。

女性のホルモンは、卵黄ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。このうち、肌の潤いやハリ・つやと深く関係している のが卵黄ホルモンです。この卵黄ホルモンが、更年期に近づくにつれて減少します。

一方の黄体ホルモンは、男性ホルモンと同じ働きを
します。卵黄ホルモンが減少して、黄体ホルモンが
優位になるにつれ、皮脂が過剰に分泌されるように
なります。これが更年期ニキビの原因です。



更年期ニキビの対処法は?

皮脂の分泌を促す肉類やチョコなどを食べないように
気をつければ、更年期ニキビの予防にはなります。
また、こうしたニキビ体質を改善することで、
ニキビが治りやすくもなります。
ですが、食事改善だけでニキビを治すのは難しいです。

そこで、私がおすすめしたいのは、ニキビ化粧品によるスキンケアです。 中でもオススメなのが、ビーグレンのニキビ化粧品です。

ビーグレンは、国際特許を取得した浸透技術を 化粧品に採用しています。 このため、ニキビケアの成分が
効率よく肌に浸透し、ニキビ治療で抜群の効果を
発揮します。

更年期ニキビだからといって油断するのは禁物です。
更年期ニキビでお悩みの方は、是非試してみて下さい。




ニキビができにくい下着選び

大人ニキビは顔だけにできるものではありません。確かに顔は皮脂腺が多く存在するので、ニキビができやすい場所ではありますが、そこだけではなく背中やおしりなどにもできる可能性があります。

顔と違い服で覆われる場所ですので、直接紫外線などに晒されることはあまりありませんが、それでも肌へのダメージを避けたいところではあります。直接肌に触れる下着選びは、ニキビを予防する上で重要なアイテムとなります。

具体的にどのような下着がよいのか、ということですが、まず通気性の良いものを選びましょう。化学繊維の物でも構いませんが、通気性がよくないと、汗や水分が溜まってしまい、老廃物としてニキビの養分になってしまいます。

また、肌そのものが荒れてしまう原因にもなり、結果としてニキビができても治りにくい状態を作ってしまいますので注意してください。

また、締め付けの強いものも避けてください。やはり、汗などによってニキビが悪化したり、ニキビができやすい状態を作ってしまうことに加えて、直接下着がニキビに当たると、締め付けも加わって、刺激を与えてしまうことにつながりかねません。

ニキビが傷つけば、膿んだりして、余計治りにくくなってしまいます。下着はTPOも重要ですので、常に締め付けのないものというのは難しいのかもしれませんが、特に何もないときは、緩いものを着用したいものです。

また、汗をかいたりした場合は、できるだけ頻繁に下着を取り換えるようにしましょう。通気性がよくても、汗などで濡れてしまうと、気分もよくないですし、肌に汚れが残るので、ニキビにとってもよくありません。

また、体を洗った後に、しっかりと流しておかないと、石鹸などが下着に付着し、それもまた肌の状態を悪くしてしまいます。

「対ニキビ」専門の下着というのはあまり聞いたことがありませんが、特に「肌にやさしい」というコンセプトで選べば、いろいろな種類の下着が売っています。特に大人の肌はニキビができやすいもの。注意して、肌にやさしい下着を選びましょう。

大人ニキビを予防するための紫外線対策

思春期のニキビと異なり、大人ニキビが発生する要因にはさまざまなものが挙げられます。ストレスや食生活などが有名ですが、紫外線を直接肌に浴びることも、ニキビができやすい肌を作ってしまうことにつながります。

皮膚が紫外線を浴びると、活性酸素の働きを活発にしてしまいます。活性酸素は、肌の有害な菌を退治するために人の体には必要不可欠な物質です。

しかし、その量が多くなってしまうと、菌を退治する以上に肌を攻撃し、ダメージを与えてしまうだけではなく、それによって肌の「ターンオーバー」(細胞の新陳代謝)が行われる周期を乱してしまいます。結果として肌の角質層を厚くしてしまい、直接的なニキビの原因となってしまいます。

思春期と違い、大人になるとただでさえ肌の新陳代謝が鈍くなります。そこに過剰な紫外線を浴びることで、そのリズムが崩れてしまい、ニキビの発生につながってしまいます。

浴びれば浴びるほど活性酸素は発生してしまいますので、それを防ぐためにも、紫外線が強い時間帯は陽を浴びるのを避けたり、日傘をさすなど工夫をしましょう。

UVカットの化粧水やクリームを併用して、過剰に紫外線を吸収しないようにするのも効果的です。ただし、塗りすぎはそれによって肌を傷つけてしまう可能性がありますので、適量の使用に心がけてください。

また、種類によっては、肌へのダメージだけではなく、ニキビそのものを悪化させてしまうものもあります。薬局などで薬剤師の人に聞いて、ニキビを悪化させないものを選びましょう。

紫外線を浴びないわけにはいきませんし、適度な紫外線はむしろ体のリズムを整え健康にも有益なものです。問題なのは浴びすぎですので、家に閉じこもったままだとか、昼夜逆転の生活になってしまうとか、そういうことがないようにしたいものです。

紫外線の場合、ニキビ以上にシミなどの原因になります。単にニキビを避けるという意味だけではなく、肌をきれいに保つという観点から、美肌の総合的な対策として考えていきたいものです。